恋わずらい

着物をまとめて整理したい

読了までの目安時間:約 6分

 

着物をまとめて整理したいのだけど、アテがなくて頭を悩ませている人は多いでしょう。いまは和服専門の買取業者さんというのが増えてきて、ネットや電話一本で査定依頼できるようです。たんすに眠ったままだった和服ですが、またどこかで誰かに喜んでもらえると考えると気持ちもすっきりしますね。査定料や相談料が無料の業者さんも多く、数が多くても宅配便を利用したり、訪問査定も依頼できます。紬や訪問着など案外、高額で引き取ってもらえるようです。
要らなくなったり着れなくなった着物を処分するなら、買取専門店で買い取ってもらうのも良いですね。紬や絣といった着物なら、大柄の黄八丈のような着物でも、種類を問わず買い入れてくれます。特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。紬は男性物でも良いですし、友禅や状態の良い夏の絽や紗なども広く取り扱っているそうです。自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、トータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締めや帯揚げなど買い取りを行うことが多いです。セットと言っても、襦袢は例外のようです。襦袢を下着だとみるところが多く未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。襦袢を買い取ってもらえる例として、素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであれば業者によっては買い取りの可能性があります。まずは査定にかけることをすすめます。
着なくなった着物の処分は難しく、困っている方も時々見かけます。リフォームはしにくく、捨てるには惜しく、買い取りのルートがわかれば、ぜひ売りたいですよね。もし着物を売りたいなら、専門業者の中ではまずは友禅市場に問い合わせてください。査定はもちろん無料、送料も無料なので安心です。査定だけで、結果を見て売らないこともありです。この着物に、どれだけの価値があるかと思っている方は買取先の候補にしてはいかがでしょうか。
質屋は高級品を扱うことが多いですが、着物については、行わないところも少なくないですから、近いからといって持ち込む前に、聞いてみたほうが確実です。どうせなら和服買取を専業にしている業者にすれば、価値を判断した上で買い取ってもらえるので、元が高価な着物でしたら尚更、良い結果が出ると思います。近くにそういった店がない場合も、ネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。

仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても無条件で付加価値がつくとは限りません。着ることによる傷みはなくても生地や糸は徐々に劣化していくもので時間の経過に伴い、状態の悪化が考えられます。使用済か未使用かではなく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、と思う着物は買い取りに回しましょう。少しでも早く査定を受けることをおすすめします。

先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、引き取り手のない着物がかなりありました。処分を決め、買取業者を探してみると電話もしくはメール一本でどこまでも買取の車を出してくれるところも何軒もあってびっくりしました。着物に帯、小物を合わせるとかなり重く、ひとりでお店に運ぶなんてありえないとみんなで話していたので、それも感謝しなければなりません。
最近、和服の買取専門業者の広告をよく目にするようになりました。もったいないからと手放さないでいると、クリーニングして袖を通さないでいても、劣化は避けられないので価値が下がってしまうのです。新しくて状態が良い着物は高額査定になる場合もありますから、思い立ったが吉日で早めに査定を受け、買い取ってもらうと良いでしょう。

いなかで家が広いせいか、着なくなった和服や小物類が家にはどっさりあります。濃い色の退色が見られるものもあったのですが、業者さんは納得の上で買取してくれました。最近の着物買取というのは、多少のシミがあっても業者に染み抜きの専門家がいるので、買い取るパターンのほうが多いそうです。ただ、買取価格はそれなりになってしまいます。

着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうとき有利な買取のために、気を遣ってほしいのは、多くの着物についてくる切れ端、保証書といった、品質を保証するものの有無です。家電などの買取経験があればおわかりの通り、このような品質を保証するものは言うまでもなく、その有無によって買取価格が大きく左右されます。残っている限りのものを宅配の箱に入れるのを忘れないでください。織り着物を持っていて、様々な思い入れがあったので折々の手入れも欠かさず、大事に保管していましたが、洋服しか着ないときがほとんどでこれからその着物を着ることもないと思っていろいろ考えた末、処分しようと決心しました。ネットであれこれ検索して、着物を引き取り、換金できる業者があることを知りました。ただ捨てるよりも、次の人に譲った方が着物にとってもいいだろうと思い、買い取りしてもらうことを決心しました。
購入はこちら⇒着物 処分 リサイクル

 

未分類    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed