恋わずらい

着ない着物を買い

読了までの目安時間:約 6分

 

着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、友達が売却の流れについてネットで調べてくれました。状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが良い値段がつき、色あせや生地の傷みがあるときは、査定額もぐっと落ち、買い取ってくれなかったりすることもあるそうで、だいたい私が思っていた通りでした。値段がつかないというものはさすがになさそうだし、とりあえず買取査定に出してみようと思います。タンスの奥で長いこと眠っている着物は多くのご家庭にあるでしょう。着物を着る機会があれば持っている必要もありますが、折々の手入れだけでも大変なのは事実です。しかも小袖類に比べて、振袖は虫干しをするにも他のものより気を遣います。もう着ないと考えられる着物ならば専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。生地や色柄、仕立てがいいものなら、新しく保管状態のいいものは高値を期待できます。着物買取の前に査定をするわけですが、そのとき着物や反物の証紙を添えて出してください。反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、産地の基準に適合していることを証明として発行された登録商標だと考えてください。買ったときに証紙を捨てる方だの言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、なんとか探し出してください。
祖母の遺品を少しずつ整理しています。その中で引き取り手のない着物がかなりありました。専門の業者に引き取ってもらおうと、何軒かあたってみたのですが電話もしくはメール一本で無料で梱包する業者も何軒もあってびっくりしました。売りたいものを全部まとめると大変な数でとうてい自分ではお店まで運べないとみんなで話していたので、実にありがたい話です。

形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、全部合わせるとかなりの現金が入ってくるかもしれません。これは確定申告が必要?と思うかもしれません。着物は衣類なので、生活必需品に分類され買取金額には課税されないはずですが、美術工芸品とみなされる場合は課税されることもあり、これならこう、と断言できないことが多いのです。少しでも気になるなら、きちんと申告して、払うべきものを払うために、最寄りの税務署で、相談窓口を訪ねてはいかがでしょうか。
毎年毎年、仕舞ったままの古い着物を然るべき所に処分したいと思いはするのですが、形見の品でもあるしと思うと、ついに処分できずじまいでした。ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、内心おどろきました。今はブームなんでしょうか。以前近所の古着屋さんに打診したときよりずっと高額で、和服・和装小物専門を掲げるだけあって、古着屋やリサイクルショップとは全然違うなと思いました。とりあえず問い合わせして、査定を依頼しようと思います。最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、気を付けた方がいいことは、着物や反物の購入時についてくる切れ端や保証書を保管しておいたか、確かめることです。家電やパソコンを売るときと同じでこのような品質を保証するものは高級品ほどあるのが当然となりものの価値は相当違ってきますから、一部でもとってあれば宅配の箱に入れるのを忘れないでください。

もう着ないかなとか、いつか着るかもと思いながら手元に置いている着物は誰にでもあり、着ない着物は買い取ってもらって、すっきりしたいという方もあちこちで見受けられます。それでは、売れやすい着物は何なのかと疑問に感じる方が多いでしょうが需要が多いのは何といっても訪問着です。幅広い年齢層からの需要があるのは訪問着で、晴れの席からお茶会まで、未婚でも既婚でも幅広く着ていけるためです。訪問着を買い取ってもらおうかとお考えの方、ぜひ無料査定や相談を利用してみましょう。
全く袖を通したことがない着物でも、どんなものでも高く買い取ってくれるわけではありません。未使用の着物であっても生地も糸も生き物なので、月日がたつと劣化し状態の悪化はどうにも避けられません。未使用だから絶対高値というわけでもなく、査定時の状態が買取金額を決めるのです。保管状態が良く、未使用でもう着ないという着物に心当たりがあれば、少しでも早く査定を受けることをおすすめします。
信頼できる着物買取業者を探しているなら、テレビCMでもおなじみの「スピード買取.jp」は、専門の査定士がいて顧客満足度も高いようです。無料の電話相談は、年中無休で受け付けているので、忙しくても手があいたときに電話できます。相談は、スマホを含む携帯電話からの通話にも対応しています。「スピード買取.jp」の名前の由来である超速の出張査定や、郵送・持込査定は原則無料で、顧客満足度が高いというのもナルホドと思いました。
購入はこちら>>>>>着物の査定の相場を知る方法

 

未分類    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed