恋わずらい

もう着ない着物も、買取で高値

読了までの目安時間:約 6分

 

もう着ない着物も、買取で高値がつけばすごく得をした気分ですよね。保管状態が良く、傷みがなければ高価買い取りの条件を満たしています。柄に人気があるか、上質の素材だったり、仕立てが良かったりすれば予想以上のお金が手に入るかもしれません。反物の状態であっても多くは着物と同じ扱いで買取可能です。反物のままでも遠慮なく無料査定や相談を利用してみてください。
要らなくなった和服を整理する際、昔の正絹の着物などは思ったより良い値になるケースがあり、モノがわからないときは査定で見てもらいましょう。ただ、化繊やひところ流行ったウール小紋などは、元値が低いため、専門店では安値になってしまうか、最初から除外しているところもあります。どちらかというと専門店より古着屋さんのほうが、引き取ってくれる可能性が高いでしょう。まずは問い合わせしてみてください。
和服の買取をしてもらおうというときに、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。普通のお店では喪服というのは扱っていないところが多いからです。和服の中古市場では、喪服の流通はほとんどないか、あってもサイズの問題で難しいからです。それを理解した上で、買取を希望するなら、ほんのひとにぎりとはいえ、喪服を買ってくれる業者さんもありますから、調べて問い合わせしてみると良いかもしれませんね。
衣替えのたびに、納戸の桐たんすにある着物を整理したいと漠然と考えてはいたのですが、祖母や母の思い出があるしと、滅多なところへは出せないと思い、今まで来てしまいました。でも試しにウェブで調べたら、買取専門業者さんって多いらしいんですね。びっくりしました。買取実例を見ると結構高額で、和服・和装小物専門を掲げるだけあって、着物の価値をきちんと把握してくれるところが気に入りました。そのうちの一社に、折をみて電話をかけてみるつもりです。

もう着なくなった着物を買い取ってもらうため、査定額は何で決まるのかポイントを探ってみました。そもそも高級な品であることは必須条件でしょうが、それにプラスして、シミがないこと、傷がないことなども査定のチェックポイントだそうです。素材も色柄も、仕立ても良い品だとしても見てわかるくらいの傷があれば大きく価値が下がってしまう感じです。
古い和服を処分すると言ったら、友人が買取の概要を教えてくれました。きれいで新しめの品物のほうが高く売れるのは当然みたいですが、色あせや虫食いなどがあると、それなりの価格になってしまうこともあり、ときには引き取ってもらえないこともあるみたいです。値段がつかないというものはさすがになさそうだし、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。
着物など値の張るものを買取に出す際、買取額ってどうしても気になりますよね。古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。ただ、和服は特殊な存在で、素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、単純にはいきません。たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。着物の価値のわかる査定員のいる業者に見てもらうのが高値売却のコツだと思います。
成人式の振袖と言えば、誰でもそれなりの思い出とか、思い入れがあるわけで、処分する気は全くない人が聞けば相当多いのですが、振袖を着る時期を過ぎても、保管しておく手間を考えたら、専門の業者に買い取ってもらえばこれからの自分のためかもしれません。状態が良く、ものも良ければそれなりの評価が期待できます。タンスも片付き、お金も手に入るので一石二鳥です。
私の友人は最近、祖母の形見という着物を手に入れてリサイクルに出したいけど、どこか買い取ってくれるところはないかといろいろな人に聞いていました。長く着ていたので傷んでいる箇所もあり査定しても値がつかないかもしれないと思うので、余計悩むようです。私もよくわかりませんが、売れる品でないと買い取らないだろうし、明らかなすれや傷みのある品は売れないと思います。何人かの話を聞いて、友達は買取をもういいと思ったようです。着物が未使用でさえあれば、無条件で付加価値がつくとは限りません。どんな生地、色柄も、経年劣化は多少なりともあるので時間の経過に伴い、状態の悪化が考えられます。未使用だから絶対高値というわけでもなく、持ち込んだときの状態が一番重要なのです。運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、などの着物があれば幸い、少しでも早く査定を受けることをおすすめします。
自分が持っている着物の中に、特に大事にしていた織り着物があって、手入れを欠かさずに長いこととっておいてもいつも洋服の生活ですから着物を着なくてはならない用もなくいろいろ考えた末、処分しようと決心しました。買取ができるかどうかネットで調べた結果、着物の買取を専門に行う業者も結構あるとわかりました思い入れのある着物なので、捨てるよりは誰かに着てもらった方が着物も喜んでくれるのではないでしょうか。売るのが一番いいと心を決めました。
管理人のお世話になってるサイト⇒着物を買取してもらいました坂上忍のcmのところです

 

未分類    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed